プーアル茶のおいしい飲み方・淹れ方を丁寧に教えます。

プーアル茶 飲み方

お茶はちょっとしたコツを押さえるだけで、驚くほど味のクオリティが変わります。それはプーアル茶も同じ。そこで今回は、プーアル茶の美味しい淹れ方やコツ、リーフタイプとティーバッグタイプの淹れ方の違いなどを詳しくご紹介していきます。

紅里
プーアル茶の淹れ方って、手順とかあってちゃんとおいしく淹れられる様になるまでタイヘンそうだなぁって考えちゃってるんですけど・・・。お茶に馴染みのない私にも淹れられますか~?
T博士
プーアル茶はおいしく淹れるコツさえ押さえておけば、誰でも美味しいお茶を淹れる事ができるぞぃ!難しく考えずにせっかくのお茶ぢゃから楽しい気持ちでお茶を淹れるのがイチバンなんぢゃ!

プーアル茶の淹れ方・飲み方を詳しく知りたい

お茶 急須

ダイエットティーとして注目されているプーアル茶。飲んでみたいけど淹れ方が難しそうで手を出せないという声をよく耳にします。せっかく飲むのだから、ちゃんと淹れておいしくプーアル茶を楽しみたいですよね。

そこで今回は、茶葉から淹れるリーフタイプ茶葉がパックになっているティーバッグタイプのプーアル茶の淹れ方やコツをご紹介します。プーアル茶をしっかり淹れると、プーアル茶がもつ嬉しい効果や有効成分が余すとこなく取り入れられます。

プーアル茶ダイエットを7つの角度から徹底検証:やせた口コミには確かな根拠あり

ダイエットにももちろん効果を発揮しますが、意外と知られていない効果もプーアル茶にはいっぱいあります。普段の健康管理にも役立つのが嬉しいですね。

プーアル茶の7つの効果効能:すごいのは、ダイエット効果だけじゃない

プーアル茶のおいしい作り方も解説

淹れ方 解説

お茶をいれるのって難しそうな印象。ですが、慣れれば意外とカンタンなんです。茶葉から淹れるリーフタイプとティーバッグタイプでは淹れ方は少し違いますが、少し意識をするだけで味わい深いプーアル茶を淹れることができるようになります。

リーフタイプの場合

紅里
リーフタイプって言うと、本格的なお茶って感じで難しい印象です~。「お茶を淹れてる」って感じがして憧れるんですけど、できるかしら?
T博士
ふぉっふぉっふぉ。確かに中国茶本来の淹れ方じゃが、あまり難しく考えることはないんぢゃよ。いくつかコツをおさえるだけで大丈夫なんぢゃ!

固形の場合は表面を剥がすように崩す

茶葉 固形

プーアル茶葉は、丸く固まって販売されていることがあります。その場合は表面から剥がすように崩してからお湯を注ぎましょう。しっかり崩すことによって洗茶も十分に行えますし、抽出の際にすべての茶葉から有効成分と美味しさが溶け出します。

300ccのポットなら3gほどを使用

ティースプーン

ポットの大きさや淹れるお湯の量にもよりますが、お湯100ccに対して1g程度の茶葉の量が基本。グラムという表記が出てくると難しく感じるかもしれませんが、一般的なティースプーンいっぱいで約3g、小さいコーヒースプーンいっぱいで約2gほど。感覚さえ掴んでしまえば、茶葉の量を調節することは難しくありません。

熱湯で洗茶を必ず行う

洗茶 中国茶

日本茶ではあまり馴染みがないかもしれませんが、中国茶においては「洗茶」という手順は外せないもの。あまり意味がないんじゃない?と思うかもしれませんが洗茶をしたものとしていないものとでは、味わいが変わります。

ほこりやアクを落とし、茶葉を湿らせる

洗茶というと難しそうな印象ですが、やり方は至ってカンタン。茶葉を淹れた急須に熱湯を注ぎ、そのお湯をすべて捨てるだけ。茶葉に付着したほこりやアクを落とし、茶葉をお湯にならすことで成分の抽出もしやすくなり、味わいもすっきりとしたおいしいプーアル茶が楽しめます

再び湯を注いで泡茶

泡茶 中国茶

洗茶が終わったら、再びポットにお湯を注いで泡茶します。泡茶というと何か特別なことをしなければいけないのかと思うかもしれませんが、「泡茶」は中国語で「お茶を淹れる」という意味。必要な分のお湯をポットに入れてプーアル茶を抽出しましょう。

蒸らす時間を工夫

お茶 蒸らす

リーフタイプのプーアル茶は、茶葉の質や保存方法によってまったく味わいが異なります。なので1杯ずつ蒸らす時間を工夫することにより表情の違うプーアル茶を楽しめます。

最初は短めで味をみる

1煎目は推奨されている抽出時間内、またはその時間より短めにしてプーアル茶の味わいを確認してみましょう。プーアル茶は濃く抽出してしまうとクセが目立ってしまい飲みにくくなってしまいます。おすすめの推奨時間よりも1煎目を短く設定することにより、2煎目から好みの抽出時間でプーアル茶を楽しむことができます。

ポットに湯を残さず飲みきる

注ぎきる お茶

ポットにお湯を残したままにしてしまうと、抽出が進んでしまいおいしいプーアル茶を楽しむことができなくなってしまいます。ポットに入れたお湯は残さずしっかりカップに注ぎきりましょう。

5、6煎はおいしく飲める

抽出する濃さにもよりますが、プーアル茶葉なら5、6煎までおいしくお茶を飲むことができます。淹れたプーアル茶をちゃんと注ぎきることで、2煎目以降もプーアル茶を長く楽しむことができます。

ティーバッグタイプの場合

紅里
ティーバッグは夏に麦茶とかをつくるのに使っているから、カンタンな印象があります~♪ティーバッグのプーアル茶の場合でも、コツとかってあるんですか?
T博士
ふむ、ティーバッグタイプは茶葉がパックされているから、リーフタイプよりカンタンぢゃ。プーアル茶初心者なら、まずは手軽なティーバッグタイプを選ぶことをオススメするぞぃ!

洗茶の必要はなし

ティーバッグ お茶

ティーバッグタイプの場合、加工の段階からほこりやアクを除去しティーパックに詰めているので、洗茶の必要がありません。飲みたい時にすぐ淹れられるので現在ではティーバッグタイプのプーアル茶に人気が集まっています

ポットで200mlに対し3g程度の茶葉

ティーバッグタイプの場合はお湯200mlに対して3g程度の茶葉が基本。リーフタイプよりも茶葉1gに対するお湯の量が少ないように感じるかもしれませんが、あくまで目安量なので購入したプーアル茶によってお湯の推奨量が異なります。

初めてプーアル茶を淹れる場合は、商品ごとの推奨湯量でお茶を淹れるようにしましょう

熱湯で1分から1分半ほどでカップに注ぎきる

1min 時間

ティーバッグタイプのプーアル茶は、加工段階で茶葉の成分がお湯に溶けやすくなっています。そのため抽出時間もリープタイプのものより短縮されているものがほとんど。

しかし、抽出しやすくなっている反面、ポットにお湯を残してしまうと成分が溶けすぎて飲みにくいプーアル茶が溜まってしまうことに。抽出が終わったらしっかりカップにプーアル茶を注ぎきるのが2煎目以降もおいしいプーアル茶を楽しむコツです。

2煎目以降は30から45秒づつ時間を増やす

お茶 淹れる

1煎目に比べ、2煎目以降は少しずつ抽出時間を増やすのがおすすめ。1煎目と同じ抽出時間で飲んでしまうと抽出時間が足りず、物足りない味わいになってしまうことも。ティーバッグタイプのプーアル茶は成分が溶けやすくなっているので、前のお茶よりも30秒から45秒程度を目安に抽出時間を調整すると、最後までおいしいプーアル茶を楽しむことができます。

手軽に本場の味が飲めるティーバッグなら「ダイエットプーアル茶」

お茶 OK

プーアル茶の淹れ方をご紹介してきましたが、今までお茶を淹れる習慣がなかった方は、まずティーバッグタイプのプーアル茶を選んだほうが負担が少なくオススメ

ダイエットプーアル茶

特に期待できる効果:ダイエット

総合おすすめ度 ★★★★★
脂肪分解効果 ★★★★★
便秘改善効果 ★★★
栄養の豊富さ ★★★★
飲みやすさ ★★★★★
値段(安さ) ★★★★★

その中でも、ティーライフのダイエットプーアル茶は、お茶を淹れる手間も少ない上に、厳選した手摘みの本格茶葉や、独自の製法によりクセも少なくすっきりとした飲みやすいプーアル茶。

健康管理のために10年以上リピートし続けている人も多く安定した美味しさです。どのプーアル茶にしようかな?と迷ったら、ダイエットプーアル茶がオススメです

ティーライフダイエットプーアール茶の評判:確かな効果で一番売れてるプーアル茶

はかせのまとめ

  • 本格的なお茶の淹れ方は難しそうと思われがちなんぢゃが、ちょっとしたコツで誰でも美味しいプーアル茶を淹れる事ができるんぢゃ!
  • リーフタイプもティーバッグタイプも、「茶葉の抽出時間」と「しっかり注ぎきる」ことを意識すると美味しいプーアル茶をながく楽しむことができるぞぃ!
  • 初めてのプーアル茶なら、手軽なティーバッグタイプのダイエットプーアル茶がおいしくておすすめなんぢゃ!

おすすめグプーアル茶診断が今なら無料

はかせ診断

お茶にやたらと詳しいT博士が、5つの質問に答えることであなたの好みと目的に合った最適なプーアル茶を診断してくれます。診断にかかる時間は10〜20秒程度です。無料で診断できるので、プーアル茶を検討している方はぜひ試してみてください。